伝統と団結、
鉄工団地の歴史は
技術とともに歩み続ける─

組合について

ごあいさつ

 石川県鉄工団地協同組合は昭和45年に近代化・高度化を目指して白山市横江町に設立されました。半世紀を超える年月においては、良い時代ばかりではなく、景気変動や構造変化など幾多の困難にも直面しましたが、柔軟な発想と積極的な行動で、その都度、困難を乗り越えてまいりました。

 当組合には加工、板金、溶接、鋳造、表面処理、設計、組立など多岐にわたる業種が集積しており、これからもお客様のあらゆるご要望にお応えしてまいります。

 また、「人と技術のコミュニケーション」と「環境にやさしい工場団地」をスローガンに掲げ、継続的に人材育成と技術向上、更に環境対策にも取り組んでおります。先人達から受け継いだものづくりの精神を礎に、組合員が共に成長し、これからも時代の変化へ迅速に対応することで、社会の発展と地域に貢献できる組合であり続けたいと考えております。

理事長 明石 康宏

組合概要

名称石川県鉄工団地協同組合
所在地〒924-0011 石川県白山市横江町1726番地46
代表者理事長 明石 康宏
設立年月日昭和45年2月
規模
出資金20,660千円
総面積13万m2
組合員数30社
従業員数約1,000人
共同事業廃棄物リサイクル、環境美化、施設保管(倉庫・駐車場)
事務代行(労働保険、納税)
福利厚生(集団健康診断、懇親会、ゴルフコンペ、ボウリング大会)
教育訓練(研修会、見学会)、広報(展示会出品)
共同施設組合会館、倉庫、駐車場、油水分離浄化槽、廃棄物収集所
公共施設史跡公園(国指定史跡「東大寺領横江荘荘家跡」)、テニスコート

沿革

昭和44年12月21社で組合創立総会開催
昭和45年02月組合設立登記
昭和50年12月第1次団地拡張
昭和54年06月組合会館完成
昭和60年10月運動広場(テニスコート、緑地帯、駐車場)完成
平成02年04月第2次団地拡張
平成06年09月第3次団地拡張
平成09年01月シンボルマークとキャッチフレーズ
「人と技術のコミュニケーション」の制定
平成11年11月中小企業庁長官表彰を受ける
平成12年08月「環境にやさしい工場団地」形成を宣言
平成18年03月テニスコート周辺に桜木20本植樹
平成21年04月団体安全衛生活動援助事業を始める
平成28年11月納税功労者表彰を受賞
令和2年2月組合設立50周年